光治療 フォトRF_夏にしないほうがいいの??
日焼止めを工夫すれば、大丈夫。夏でもフォトRFを受けられます。

国内の日常生活では、SPF30 PA2+で十分とされる。
スポーツ、水泳、ゴルフ、リゾート焼け対策には、もう少し強い日焼止めがお勧め。
SPF50 PA4+程度のものを、日常とは使い分ける。

そうすると、夏でも自由に安心して、ご希望通りの治療ができる。

もともと、シミを薄くしたり、お肌のハリを出すフォトRF。
フォトRFを受けるとメラニン分解作用(美白)とコラーゲン増生作用(ハリ)が期待できる訳だが、
紫外線は、予想以上に短時間で、メラニン増加(シミの原因に) および コラーゲン萎縮(小ジワに)させてしまう。
したがって、普段から美容的な観点では日焼止めに取り組むのが賢明。

日常と非日常の生活シーンに応じて、サンスクリーン剤を使い分けたい。
実行する人としない人では、きっと10年後、20年後にお肌に差が違いが出る・・・
放置するとますますシミは増えるばかり。シミ・小ジワを増やさない努力。
サンスクリーンは「守り」。 一方、フォトRFは美的積極性、いわゆる「攻め」。
by Dr-komune | 2013-07-24 11:46 | 治療について
<< 腫れずに自然に見えるように治し... フォトRFが痛い → リンクルビーム >>