<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
埋没ふたえ後の診察_術後糸の緩みはないか
術後2週間程度で1回目のチェック、ふたえのラインを診察する。
もし緩んでいたら、速やかにもう一度、埋没固定を考え説明する。
こんなときは、早くして対応してあげた方が精神的にも喜ばれる。
今日のケースでは、診察で確認したのち、すぐに1本補強の糸を入れた。
そして、1週間後に再度チェック。デザイン、バランス、満足度を診る。
by Dr-komune | 2016-08-18 08:17 | 日常診療の一コマ
埋没法19年経過_異和感が出てきたケース
今回は19年も前に受けた埋没法のふたえ抜糸。
まぶたに何かあります、取れますか?
糸の本数は1本または2本と考えられる。
いつからか片眼に痛み、異物感を自覚するようになる。
片側から少しずつ抜糸することになる。
まぶたの裏を見てみると糸が数ミリ露出している。
その糸が黒目に触って刺激となってゴロゴロとする原因に。

無事、抜糸。
直後、異和感が消えた様子。
あまり腫れることなく、今日はこれで終わり。

糸の周りにはまだ結膜炎があるが、回復していくと思う。
さて、異和感は取れているかな・・・もうすっかりなくなっていて欲しいと願う。

抜糸後の経過を診てあげるのも大切。抜糸できた方も、もう一度診察。
by Dr-komune | 2016-08-17 13:02 | 日常診療の一コマ