<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
miraDryと効果_施術時の設定条件
最近のわきが治療装置について横浜の学会で勉強する機会があった。
施術中の操作方法の設定で効果をかなり良くすることができるようだ。
機器の設定値は安全でないといけない。
安全性の範囲において強めに工夫すると効果に違いが出るようである。
また、術後の一時的な手のしびれも報告されている。
by Dr-komune | 2015-09-24 15:01 | 治療について
ワキガの臭い_どれほど無くなるの?
臭いが気になる、全部無くしたい・・・臭いとれますか?と聞かれることがある。

ワキガの診断は、汗の元である汗腺のうちのアポクリン腺があるかどうかによる。
ワキガの治療は、手術では汗腺の切除によってワキガの臭い除去を目的とする。

自身の体に独特の臭いがする悩みの原因となっているアポクリン腺がなくなれば、
ワキ周辺からワキガ臭をなくすことができる。
はたして・・・どれだけアポクリン腺を切除できるのか・・・
・・・腺の切除量については、
多めの方ではそれだけ多く取れ、少なめの方では(全部取ったとしても多くはないから)取れる量は少なめになる。
アポクリン腺がないか、少ない場合には、手術で少ないが切除することができる。
少ないが線を切除すると、(理屈の上では)少なめの弱い臭いもなくなることになる。

臭いの改善度は切除量に応じて得られ、アポクリン腺をtたくさん持っているほど、臭いの無くなり方が大変ハッキリと感じられ、改善度はより一層大きくなる。

いろいろな治療方法の中で、外科的切除による線の除去率が高いほど、根治的信頼度が高くなるのが手術治療。
他のどの治し方でも、腺を減量すれば、腺が減った分は良くなるだろう。
ただ、治療で減らしても腺が残っている程度によって、ワキガ臭の残りが問題となることがある。
by Dr-komune | 2015-09-23 08:11 | 治療について
汗の質的な診断がキー_ワキガ「腋臭症」
ワキガ「腋臭症」には診断をもって保険適用し、保険で手術を受けられる。
自分自身を正確に知るために、汗の診察を受けて診断を知ることはとても大切。
自分で思いつく自己診断と結果が違っても、もう一度よく考えるきっかけになるだろう。思い当たることから自分で汗を判断してみて、さらにもう一歩踏み込み、それがどういう状態なのか、治療の対象になるのか・・・を専門医にジャッジを求めることにする。できるだけ客観的に汗の性質と程度を判定してもらうことだ。

ワキガ独特の臭いはしっかりとした治療をうけないとなかなか改善は望めない。
中途半端な施術では、臭いが僅かに残ったり、再発する例があり、来院される現実がある。
独特に臭いは、少なくなっただけでは納得いかない方がいることを患者さんが教えてくれる。
逆に、ワキガでない汗の臭いは、BOTOX注射などの手術以外のその他の治療でもかなりよくなる。
by Dr-komune | 2015-09-17 08:17 | 治療について
汗が臭う_臭い質の違いと思い込み
汗の臭いとワキガの臭いは全く違う。
少し強い汗に臭いをワキガと思い込み、勘違いしてワキガと思って悩んでいる人もいる。
ワキガの要素は少ないと診察でお伝えすると、納得いかない方・・・実は案外多い。

自分がワキガでないことに戸惑いと「この汗の臭いは何なのか?・・・」と思う気持ちは察するによく分かる。
今まで辛い思いをしてきた過去を背負ってきたのだから、このことに理解してあげることは大切だと思う。
by Dr-komune | 2015-09-16 19:31 | 日常診療の一コマ