<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
眼瞼下垂症_ご希望の目とは、さていかに
目のイメージをできるだけ共有してみようと思う。

眼瞼下垂手術は、開きにくくなった目を開く手術。
この場合は保険適用になる(美容ではない)。
術前の依頼は様々・・・
例えば、
「目つきを変えたくない、雰囲気を大きくは変えないでほしい」
「手術したと思われたくないの」
「ギョロッとした目にしたくないんです」

「知人が同じ手術したが、術後、人が変わったような目になっている
そのようにはなりたくない  先生できますか」
「見えるようにしてください 見えればいいと思っています」
「まぶたが少し上がれば満足です」
「自然な感じの目ににしてください」
「元々はひとえでしたが、軽いふたえなら受け入れます」  ・・・・ などなど

小さめの切開でコンパクトに操作する
皮膚は切りすぎず、あえて残すようにする
ふたえの幅は控えめにするか、奥二重にとどめる
目の開き方を八分止まりにする、開き方は控えめにする
手術中の最後に仕上がりを確認する
下垂が軽度なら、場合によっては、切らない手術を適用できるか検討する
眉あげ反応を抑制する

男性と女性で感じ方、考え方が異なるが、
色々と依頼されるが、目が大きくなる分、それだけキリッとした印象になる
いい意味で印象が変わる
目が開きやすく、かつ、異和感が最小限になるようにしたい
術後の目の変化は効果と共に、多少とも受け入れて頂く必要がある
by Dr-komune | 2014-09-23 08:17 | 日常診療の一コマ
抜糸のタイミング_ふたえの糸を取るとき
抜糸をしてほしい、糸をり除きたい、他院の糸でも診てもらえますか・・・
という問い合わせを受けることがある。
さて、
せっかく入れた糸を取りたくなるとき、・・・を考える。
他院で埋没法による二重j術受けたが、糸を取ってもらう相談には積極的にのって
もらえなかったということで、来院されたりする。

抜糸したい理由で、
「異和感が残る」
「突っ張る感じが取れない」
「糸の周囲が痛い」
「チクチク感、充血、涙目」の症状があれば、早々の抜糸を決める場面になる。

他の理由では、
「時々頭痛がする」
「目を動かすと引っかかる感じがする」
「やや膨らみがあり、見た目が気になる」
「ラインが古くなり、気に入らない」
「複数の糸同士が、干渉し合ってラインが乱れている」
「別のラインにしたい」
「スッキリしたい」等々・・・
           これら全てが今の糸のせいだとは言えないのだが、
           原因かもとの思いがあると、見て取れる。

心理的に色んな悩みを秘めて放置されてきた方がいらっしゃる。
そのような方から抜糸の相談を受け度に、考える。
後々取りたいと思われないよう、二重にするようにと。

目の強い異和感は早めに対処が基本。
タイミングを逸せず、抜糸で治せる症状は早めに治してしまいたい。
好みの目をきちんと整えると、明るくなる。







by Dr-komune | 2014-09-16 18:23 | 治療について
目元や涙袋のヒアルロン酸_修正できますか・・・
目元は微妙なところ。目線で変わる。

表情筋の動き、目の開け閉めや陰の角度、その日の体調、午前午後の変化など、影響する因子が複数絡んでくる場所であるので、一筋縄ではいかない。

その目元を魅力的にしたいので、ヒアルロン酸を注射する方も多いことだろう。
中には量を打ち過ぎて、気になっている方もいらっしゃる様だ。

ヒアルロン酸を減らす加減が難しいが、気になる過剰分を減らす方法がある。
ヒアルロン酸注射の注入時のように、微細なことはできないが、
腫れぼったい部分をすっきり見せる効果がある。
ボリュームを減らす部位の相談をしっかりしておくこと。
by Dr-komune | 2014-09-01 13:56 | 治療について