<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ワキの臭い_ワキ毛の手入れ
新聞に載っていた汗に関するアンケート調査・・・・
一般健常人の約9割で、「電車の中やエレベーター、職場などで、不快な臭いが気になることがある」という記事があった。

汗の感じ方は人それぞれに違し、神経質な方では過剰にストレスを感じている。
皮膚の細菌が汗を臭いに変え、ワキ毛が臭いを発散させるとも言われている。

そこで、ワキ毛のお手入れのユニークな実験がある。
実験テーマ:「ワキ毛を短く整えると臭いがどうなるのか?」
内容:「一般男性に片方のワキ毛を魅し書く整えて、2週間自由に生活してもらう」
結果:「2週間後、17人中9人は短く整えた側の」臭いが弱くなった」と感じた。

以上から、毛の手入れで多少は違うということになる。

人並みの汗にも、デリケートな感性の持ち主なら、敏感に汗臭が気になってしまう。
大切な注意点は、・・・
気になる「汗臭」と「ワキガ臭」は異質のものと、はっきりと区別できるということ。
治療上、区別されるべきであること。
両者の臭いは、似て非なるものだが、・・・診察で臭いを鑑別してもらえること。
汗臭診断の結論を理解し、汗の質的診断を受け止めること。

したがって、ご本人の感覚による、不快な臭いという観点から、
同じ悩みのグループに入るとしても、その気になる汗臭がワキガとは限らないことがある。

毛の手入れだけでは完全には臭わなくはならないが、
女性では完全に脱毛して、スッキリ清潔にしておきたい。
しっかりしたムダ毛は、うぶ毛レベルにスッキリしておくとストレス低減になろう。
by Dr-komune | 2013-05-31 22:26 | 治療について
診察室での診断?_ワキガ臭vs汗臭
来院される方の中で、ご自身でと診断を決めている場合がある。

診察に来られるくらいだから、汗の悩みや汗の臭いに相当に困っている。
ワキガ臭の元はアポクリン汗腺であり、汗の分泌量はそう多くはない。
ワキガ臭は明らかに異質な不快臭で、説明要らない特別な臭いである。
少しきになるとか、時に気になるとか、夏だけ気になるとか、デオドラント対策して大丈夫とか・・・やさしい軽い臭いではない。チョットした悩みどころではないといえる。
したがって、その臭いに対する悩みもそれ相応に想像以上に深くて重い。
そして辛い。手術してまでも治したい、と思うくらいになる。

診断では、汗臭さとワキガ臭とは明らかに違うし、区別できる。
区別して考え、治療に反映する。区別しないと正しい診断ができない。
正しい診断ができないと、正確な手術ができない。
ワキガでない汗かき体質に由来する汗臭は、体から汗を相当に減らさない限り、
すっきりなくならない。

このように診察を受けて、はじめて診断にいたる。
ここに初めての診察、初診の意味がある。
ぜひとも理解してもらいたい・・・ 診断は診察の中で決まるもの。
by Dr-komune | 2013-05-28 21:11 | 日常診療の一コマ
汗の臭い_汗かき体質
ワキ汗だけが体臭の原因ではない。
したがって、ワキ汗を治療しても、他の部分の体の汗は残る。
悩みを発生部位としてとらえた場合、ワキ汗が悩みの主要部分を占めているケースでは、ワキの制汗治療が効果を発揮する。

このようなケースでは、手術以外の選択肢としてワキBOTOXが著効する。
by Dr-komune | 2013-05-25 10:50 | 治療について
臭いよりも汗が多い_多汗症
多汗症のみの方では、ワキガ臭はしない。
ただ、汗の量によって、環境によっては、その方の汗による汗臭さが生じる。
特定の季節に汗のやや軽めの臭いで困っているような方には、手軽な汗止めの外用剤がある。
最初から、ワキガのように手術は直ぐには適応しない。
ご本人の意向と症状について十分にヒアリングし、、慎重に話し合う。
汗止めの塗り薬を使った上で、制汗効果の満足度を判定する。
もっとしっかり汗を止めたい場合、注射治療も考える。ワキBOTOXがある。
by Dr-komune | 2013-05-11 10:11 | 治療について