<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
片眼だけが眼瞼下垂_片側の治療を優先
片方だけ軽度の眼瞼下垂には、片方の治療を考える。
ご希望で反対側を治したいときには、保険でなく自費の治療で対応する。

眼瞼下垂の診断に満たない場合には、両側とも保険適用できない。
保険適用できない場合でも、治療できないわけでないので、診察でよく相談させて頂く。
by Dr-komune | 2012-12-22 15:50 | 治療について
ワキガ_さほど気にならない
ワキガかどうか、自分はワキガと診断されるのかが知りたい。
そこで、判定・・・ワキガの臭いは軽度ではあるが、ある。
ただ、ご本人としては気にならないくらいの軽微な臭いということなれば、担当医師として悩ましいくなる。
これを治療するべきかどうか。
ご本人の悩みが大きくなってくると、その時に治療がご案内しやすいと言える。
ワキに傷が残り、脇毛が随分と減ってしまう。
さほど気にならない方にとっては、やはり軽めの治療が考えやすい。
健康保険がきかなくても、小さく切開するキズ跡の残りにくい手術も選択肢として考えて頂いてもいいだろう。
慎重に対応したいものである。
by Dr-komune | 2012-12-21 22:50 | 日常診療の一コマ
ふたえのライン_少しだけ上げたい
年齢と共に、ふたえのラインは変化してくるもの。
簡単にラインの高さを少し上げて、以前の自分に戻りたいというお気持ちの方には、
埋没式重瞼術(埋没法)が簡便で、採用しやすい。
まぶたの軽いたるみなら、これで改善できる。

もっと大きくふたえを作りたい方で、まぶたのたるみを持っていらっしゃる場合は、
まぶたの皮膚を切開して調節した方がよい。より手術的治療がふさわしい。
by Dr-komune | 2012-12-15 10:17 | 日常診療の一コマ
ワキガ・多汗症_片側だけ手術
汗や臭いが気になるのは、片側だけ・・・という方も稀にいらっしゃる。
気になる片ワキだけ治療を希望される場合、片側だけを手術する。

術後、汗がスッキリ良くなるかどうかを確認していただく。
左右を比べてしまうためか、今度は、気にならなかった片ワキの汗が気になり、手術することになるケースがある。

片方ずつ手術する場合には、汗への効果が左右ではっきりと比べることができる。
術後効果確認で、はっきりと違いが分かれば、気になる気にならないの意識の基準が変化するきっかけになる。

実際の手術では、片ワキだけの臭いを申告された方でも、量の違いはあるが、左右両ワキのアポクリン腺を取ることができるので、この手術所見からは、両側のワキガという診断になる。
by Dr-komune | 2012-12-14 15:23 | 日常診療の一コマ
ボトックス_シワとその他の効果
眉間の縦皺への効果が基本で、分かりやすい。
眉間の下のウサギのシワともたとえられる眼の間のシワについでに注射すると
スッキリした表情に見える。
シワを隠す効果とは別の、表情に余裕があるように見える効果とも言うべきか。
顔の中心から表情が明るく若々しくなるイメージになる。
by Dr-komune | 2012-12-12 11:15 | 治療について
ワキガの治療_季節
最近は、秋、冬でも手術を考えていらっしゃる方が多くなってきた。
もともとは夏に臭いが強くなるため、陽射しの強くなる夏場に手術が多い。
冬にしておくと、夏に間に合うとも言える。
by Dr-komune | 2012-12-03 14:00 | 治療について
厚みのある一重まぶた
完全な一重で、まぶたの厚みがある方では、埋没法にも向き不向きがある。
特に男性では、奥二重風の自然なラインがよい。
あまり高いラインに挑戦するような無理はしないのが私のアドバイス。
ご本人が似合うと納得するふたえを目指すようにする。
by Dr-komune | 2012-12-01 12:26 | 日常診療の一コマ