<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
プールとシミ治療
プールで泳いでも全然大丈夫なんですか?
レーザー治療した後、プールは自由にしてもらってかまいません。
ただし、軟膏を塗るようにしてもらっています。
by Dr-komune | 2012-02-24 19:41 | 日常診療の一コマ
手術とアスピリンの話
アスピリンを服用されている方は、手術前に事前に相談して、その服用をストップしておく。
出血が止まらなくなるからである。

高齢の方によっては、心臓疾患で血液をさらさらにする管理を内科で行われていることがある。
そのまま手術してしまうと、皮下出血の青あざがでてしまい、かなり腫れてしまう。

眼瞼の手術時は普通でも青あざができやすいものである。
青あざにならないとホッとするし、患者さんには喜ばれる。

アスピリン以外にも強力な抗血小板作用薬がたくさんある。
by Dr-komune | 2012-02-24 18:36 | 日常診療の一コマ
難しい再手術のまぶた ある眼瞼下垂手術の例
他施設で手術を受けたことがある方が眼瞼下垂で来院。

上眼瞼挙筋の筋膜が固く周囲と固着している、癒着がある。

治せるかどうか、悩ましい。

慎重に術野を展開し、筋膜を捜し当てたいと思うが、

うまく見つけられるかどうかは、手術をやってみないと正直分からない。

うまく筋膜が見つかれば、まぶたの適切な位置に縫合すれば、

眼がパッチリ開いて、喜んでもらえる。

気がかりな手術だが、精一杯のことをして臨んでみることにする。
by Dr-komune | 2012-02-06 10:28 | 日常診療の一コマ
眼瞼下垂の手術
最近、眼瞼下垂手術が少しずつ増えてきた。
まず、瞳孔とまぶたの位置関係を観察する。
瞳孔に上まぶたがかかっていると、見えにくいことになる。

まぶたを引き上げるための頼りになる筋肉があるかどうかを診断する。
筋肉が動いていれば、切開法で筋肉を上まぶたに縫い直す手術を行う。

軽症の眼形下垂なら、切開せずに糸でつり上げることも可能な場合もある。

難しいのは、先天性の原因がある方である。
by Dr-komune | 2012-02-03 17:26 | 日常診療の一コマ