<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
アイプチのラインで二重まぶたをつくる_埋没法
「希望はアイプチのライン、これがいつものお気に入りのふたえ」と教えてくれる・・・
よくある診察室のやりとり。少しの誤差となることがある。
よく考えてみると、
接着剤でくっつけたふたえでは接着面の幅があり、この接着部分がふたえのラインに中に隠れている。
埋没法のふたえでは、髪の毛ほどの細い糸でまぶたが引かれることで、ふたえのラインが生まれる。
細い糸でできるふたえでは、接着剤でのりしろが取られることなく、正確にラインが再現される。その結果、ラインがくっきり見えたり、まぶたが厚い方ではくい込んで(腫れたように)見えることがある。くい込み感は時間とともにライン内に吸収され、
まぶたに癖がついてきて、自然に見えてくる。
しかし、ラインが馴染むまで待てない方もいらっしゃる。
この場合は速やかに修正を相談する。
by Dr-komune | 2011-07-28 10:27 | 日常診療の一コマ
化粧で二重まぶたになるアイメーク
診察中に、アイメークのコツやポイントなどを色々と教えてもらう機会がある。
アイプチ、アイテープ、メザイク、付けまつ毛で工夫している方は結構いる。

さて、それぞれについての印象は、
アイプチは接着剤でまぶたの皮膚をひっつけてふたえにする。
 (かぶれやすく、続けると若干シワっぽくなる)

アイテープでは、テープでまふたをくっつけて、ひだを作り、ふたえにする。
 (テープの規格があるので、2-3mm位の細い幅と長さが決まっているよう)
 アイプチよりテープのノリの方がはずしやすそう。アイプチは接着剤なので、
 規格にとらわれずに、自由にくっつける範囲を決められるが、
 接着力が強くてかぶれやすいかもしれない。
 まぶたのかぶれには、かぶれ止めの軟膏を処方、まず治すこと。

メザイク(眼細工)というは、最近教えてもらったが、アイテープよりもっと
 細く糸状のもので、繊細なラインが出すことができる。

付けまつ毛は、今は様々なタイプがあり、中には長くて眼に迫力プラス効果あり。
 付けまつ毛を付けるだけで、パッチリふたえになる方がいます・・・。

ふたえとアイメークの工夫すると、全く表情が違ってくる。
みなさん上手なのには感心します。魅力的な目になります。個性も大切ですしね。
by Dr-komune | 2011-07-23 17:30 | 日常診療の一コマ
埋没法の抜糸_眼がスッキリしない
「化粧すると時々眼がチクチクする、抜糸して欲しい。眼がスッキリしないんです」と。
話をよく聞くと、何年も前に大阪の美容外科でふたえの手術歴がある。
眼科でもしっかり見てとってもらえないので、困った末にご来院された。

時間がかなり経過したふたえ埋没法の埋没糸の抜糸は、かなり難しいことがある。
難しい例では切開を要する。
たとえば、他院で受けた埋没法の抜糸では、糸の場所にまったく見当がつかないことがある。
ラインから外れてしまい、糸が迷子のようになるから。
適当にはまぶたを切開してまで、傷つけられないのでできないということ・・・だが、
それでもあえて糸を捜すということならば、十分納得の上で、ご希望をお受けする。
眼科でできず、こちらで私が抜糸するという、難しいケース。
見かけ以上に難しく、残念ながら簡単に抜糸とはいかない場合もあるのである。
ほとんどは難なく抜糸できるけれども、全て「簡単ですよ」、とはいかないものである。

今日は、なんとか他院の難しい糸を抜糸できた。糸が透明なので識別困難だった。
マイクロサージャリー用の拡大メガネをかけての操作になるときは、肩こりを覚悟。
スッキリしたか様子を見ていただいて、次回、抜糸後に念のため2週間~1ヵ月後も再診チェックしておく。
by Dr-komune | 2011-07-19 11:31 | 治療について
眼瞼下垂の切開手術後_翌日の様子
見やすくなったと喜んびの表情。
ほとんど腫れずに、ご機嫌の表情に安堵。
表情はかなり若返っている。
たまたま腫れが少なく済んだという幸運もあり、
ガーゼも当てずに、メガネをかけて帰宅とした。
洗顔も先発も今日から自由に許可。1週間以降に抜糸予定。
by Dr-komune | 2011-07-17 16:40 | 日常診療の一コマ
今日の埋没法_片側を少し調整
今日は奥ぶたえ。
低い位置で正確に目立たないふたえを目指す。
いわゆる目立たないふたえを作る。
片方しか手術しないので、腫れたかどうかはっきり分かる。
腫れないようにする術者としては、技術を試されることになる。
どうか腫れませんように、お大事に。
by Dr-komune | 2011-07-16 19:05 | 日常診療の一コマ
自然なふたえのラインとは_・・・一考
自然なふたえにしたい・・・というリクエストは非常に多い。
何をもって、どのような基準で自然と判断すればいいのか、について考えてみる。
そこで、自然なふたえのイメージは、術前のまぶたの様子に特徴があるとみる。

アイプチでラインができかけている方には、その付近でラインを設定するのが自然と感じられる。

一方で、ふたえの高さをすこし控えめに設定した方が、(ご本人自身の感じ方として)「自然なふたえ」と感じてもらえると思われるのは、
*アイラインをしっかりとは描かない方
*つけ睫毛しない方(エクステでなくて)
*目元に濃い化粧を普段しない方
*完全に一重、または奥ふたえの方
*目元の印象をあまり変えたくない方
*ふたえへのあこがれはあるが、思い切れない方

たとえ高いふたえのラインをご希望されたとしても、ご希望よりも少し低めのライン設定がお勧めだと思う。
他には、
フルメークのお気に入りのお化粧をした状態での診察も参考にしておく。
手術直後から目元をどのように見せたいのか、好みをキャッチしておく。

些細なことであっても気になるということがあり得る、デリケートな感覚がある。
はてさて、わかるか、わからないかの世界・・・。分かっていても、実際には出せないラインがある。
by Dr-komune | 2011-07-14 12:29 | 治療について
ふたえ埋没法_手術して数日後の修正
埋没法では、埋没糸がふたえを支えてくれるので、ふたえができる。
その糸を抜糸すると、作ったふたえのラインが消えてしまう。
そこで、再度好みのふたえを相談することになる。
微妙な修正では、抜糸と同じ日にふたえを修正することをお勧めする。
by Dr-komune | 2011-07-13 15:45 | 治療について
ふたえ埋没法_抜糸の方法
埋没法の糸を取ってほしいという依頼に対して_抜糸の工夫

従来、2mm程の小切開をして、その切開部から糸を取り除いてきた(=抜糸)。
通常、少しは切らないと、まぶたの皮膚に埋もれ糸を取ることはできない。
抜糸が目的なので、抜糸さえできればいい・・・切らずに何とかならないかな、と考える・・・

最近は切開なしで、注射の小さい針穴から、抜糸するように努力している。
単なる抜糸ではあるが、全く腫れないように抜糸した方がいいに違いない。
時間がかかることがあるのと、拡大鏡をつけての操作で、眼・首・肩が疲れる。
苦労するけれども・・・この方法で抜糸できた場合、翌日にはアイラインを入れることができて、かつほとんど腫れないので、目元のお化粧にこだわる方には、すごく助かります!と予想以上に感謝される。
感謝されると嬉しいので、ついついがんばって、難しい方法であえて臨む。
しかし、なかなか糸が見つからないでギブアップすることもあるが、より良い技術の追求の姿勢である。
by Dr-komune | 2011-07-11 19:33 | 治療について
肝斑治療_トラネキサム酸・トランサミン
トランサミン投与の工夫
・トランサミン内服(トランシーノが有名)
・トランサミン注射(局所注射で皮内にトランサミンを注入)
・トランサミン導入(メディカルエステで皮内にトランサミンを浸透)
by Dr-komune | 2011-07-08 15:31 | 治療について
ヒアルロン酸注射_涙袋をつくる
人気アイドルには、何故か立派な涙袋を持っている。
ヒアルロン酸で目元を膨らませることができるが、皮下出血が問題となる。
目元は出血しやすいのだ。
不思議な形の涙袋、よく観察してみて下さい。
涙袋、見れば見る幌不思議な形に見えてきませんか。
by Dr-komune | 2011-07-08 14:30 | 日常診療の一コマ