<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ふたえ_埋没法 抜糸で元のまぶたに
ふたえの術後の抜糸を行って、元に戻した。ほとんど腫れていなかった。
抜糸には、所麻酔の注射をするが、これも極細針でごく少量の麻酔にする。
糸が8-0になると、かなり見付けにくくなるが、運良く短時間で抜糸できた。

抜糸して元に戻ることは簡単だが、前向きに理想のふたえを実現してあげたい。
究極を求めて、ご希望のふたえを作っていきたいと思う。
翌日はほぼ腫れていなかった。
ラインの設定は、ある程度任されて、その方が返ってうまくいくことになるのだろう。
イメージをチェンジするか、しないのかも大切である。

元気を出して、前向きに進んでいくお手伝いができればと思っています。

大阪みなみの心斎橋コムネクリニック形成外科
by Dr-komune | 2011-03-25 19:01 | 日常診療の一コマ
軟骨ピアス_ヘリックス
今日もヘリックスに軟骨ピアスをご希望の方が来られた。
耳の縁に、並んで2ヵ所、少し離してちょうどいい感じでした。
最近は軟骨のピアスが多くなってきた。
by Dr-komune | 2011-03-23 18:41 | 日常診療の一コマ
眼瞼下垂_挙筋短縮術、眼瞼挙筋前転法の限界
症状と診断によるが、健康保険証による保険適用で眼瞼下垂症の手術する。
今回は難しい眼瞼下垂手術だった。大阪市立総合医療センターと神戸大学付属病院での診察を経て、手術に来られた。いわゆる、小切開法による眼瞼下垂手術を行うことになった。

再手術例で、挙筋腱膜の同定に苦労し、眼瞼挙上の程度、目の開き方、ふたえ幅の調整と手術難度が高かった。術後はいい笑顔をされて、ホッと一安心。

従来のセオリーに当てはまらない、眼瞼下垂症の治療となった。
困難な治療からは、苦労した分だけ工夫がなされ、喜びと発見に出会うことができる。
また一つ、この貴重な経験の機会に感謝。少しでもいい手術を行う努力を惜しまないこと。
by Dr-komune | 2011-03-22 23:11 | 治療について
ピアス_トラガスとヘリックス
耳介軟骨ピアスで最近、人気があるのはトラガスのピアス。
何人か続けて軟骨ピアスで来院された。
トラガスのピアスと指定して軟骨のピアスを入れる人が増えてきているように思う。
流行っているのかな。

そもそも「トラガス」は医学用語なので、よく知っているな・・・という感じがしています。トラガスとは、耳の穴の前方の小さい丸い珠の形をした軟骨部分のことです。

ヘリックスは耳の外周部分の軟骨で、複数個のピアスを付けている方が軟骨ピアスとして好む傾向があります。華やかでにぎやかな感じ、個性的な印象に見えます。
軟骨ピアスは、トラブル時にかなり痛い思いをしますから、特定の安心できる医療機関でピアス穴あけされるのがいいでしょう。
by Dr-komune | 2011-03-21 12:44 | 日常診療の一コマ
ほくろ_健康保険適用
ホクロ除去は、CO2レーザー治療が快適で安心。イボも同様のレーザー治療。保険治療で行います。
簡単な手続きで治療をご希望する方には、最適なレーザー治療を選びます。
バンドエイドをしばらく続けて、意外と日常生活を自由に過ごせます。
レーザー治療終了後、意外と簡単なんですね、、、とよく言われます。
麻酔もできるだけ分からないようにそっと終えるようにすると、表情が明るくなる。
大阪心斎橋コムネクリニックでは、細胞の検査も含め、保険適応で保険内で治療を行い、低料金で扱います。
by Dr-komune | 2011-03-13 15:34 | 治療について
レーザー脱毛_広範囲部位の脱毛について
全身脱毛といっても、広範囲には一度で一気に行うには無理があります。
1回当たりの施術で、3時間程度でできる範囲が現実的な範囲。
しかし、全身脱毛のセットがほしいという方のために、複合部位の脱毛セット~全身まとめてセットを検討しようかと思います。
by Dr-komune | 2011-03-12 12:41 | 治療について
脱毛の回数_レーザー脱毛の場合
最近コムネクリニックでレーザー脱毛中の方で、薄い毛だったせいか、たったの2回で満足なツルツル肌になっていたと教えてくれました。今日は新しいお友達と一緒に脱毛施術に来院され、もう一人のお友達は、エステの脱毛に何度通っても、なかなか毛が減らないというコもいるんですよ、とのことでした。
クリニック専用の医療レーザー脱毛って効果が早く出るんですね、と楽しそうに話してくれました。 
多少は痛いのですが、レーザー脱毛をがんばってまいりましょう。個人差はありますが、通常は5回程度はかかると思います。
by Dr-komune | 2011-03-11 17:39 | 日常診療の一コマ
眼瞼下垂手術について
眼瞼下垂は、本来は保険適用で治療できます。
たるみがある方には、まゆ下切開でたるみを除去するのが術後自然に見えます。
切開を望まないケースでは、埋没法で簡単に済ませますが、限界があります。
埋没法は保険適応外となります。
本式の方法は、切開して挙筋短縮・挙筋前転を行います。
ミュラー筋の手術操作で行う開瞼機能回復例もあります。
by Dr-komune | 2011-03-05 13:55 | 治療について
眼瞼下垂で来院
眼瞼下垂と思われて来院された。
加齢性のまぶたで、眼瞼下垂の程度は、ごく初期の軽い症状・・・
ご本人の希望をかなえるのは埋没法を選択することになり、片方のまぶたの高さを調整した。
ふたえにならない程度のデリケートな奥ぶたえに。
もともと、ひとえの方では目立たない調整を希望されることが多い。
by Dr-komune | 2011-03-04 14:25 | 日常診療の一コマ
ふたえと目頭立ち上がり角度の修正について
目頭の内側の上まぶたの角度を上げてほしいという宿題をいただいた。
ご希望の内容がなかなか微妙な表現で、埋没法での再現がむつかしい。
内側よりで、固定位置を決め、ややふたえのラインを並行型にすることでどうか、と思われる。
イメージは大切で、できるだけご希望に添いたい・・・が、今回は難度が高い。目頭切開の可能性もありえるかもしれない。
by Dr-komune | 2011-03-03 19:06 | 治療について