<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ふたえの修正
 約1年ぶりに、術後の左右差の修正に来院されました。修正のご希望は片方のみ。
通常の修正時、前回の糸はそのままで、新しく埋没糸をかけて望みのふたえラインにすることができます。
今回は、前回の糸が新しいラインのじゃまになっている可能性があったので、まず古い糸を除去することにしました。しかし、糸をくくった1mm程度の結び目がなかなか見つからずに苦労しました。何とか、やっと段端を見つけて古い糸を取り除き、新しいラインを作ることができました。
 若い学生時代は試験などいろいろと大変なのですが、ぜひ負けずにがんばっていただきたいと応援しております。がんばってくださいね。
by Dr-komune | 2010-03-31 13:50 | 日常診療の一コマ | Comments(0)
ふたえ_コンマ数ミリの調整
ふたえ術後の方が、久しぶりにいらっしゃっいました。
ふたえの内側のラインが少し弛んできたと気にされて・・・。
内側に一点のみのポイントを設定して、一点止めの埋没法をすることで満足していただきました。
直後からほとんど腫れず自然な感じに、にっこり笑顔(^^)。
by Dr-komune | 2010-03-31 10:10 | 日常診療の一コマ
ふたえ_カウンセリング

 ふたえ手術でいらっしゃった方には、ご希望をかなえるためのふたえのラインに集中します。睫毛からのラインの高さが、わずか0.5mmの差でもラインのニュアンスが変わることがありますので、慎重にライン設定の準備をします。再現性を診察で確認して、ラインの再現性をしっかりと確保して、ふたえのライン設定は完了です。
 ご希望のイメージにお応えするため、Drからできるだけ歩み寄る努力を惜しまず、時間をかけます。左右のまぶた自体に左右差がありますから、左右差をとるのに苦労することもありますが、できるだけ左右のバランスをとるための考慮をしてご本人のOKをいただきます。コンタクト使用中の方は、コンタクトレンズをつけている状態でふたえの仕上がりラインを見ていただきます、その方が術後のイメージが分かりやすくなるからです。手術時にはコンタクトレンズは外します。
 当日は少しラインがしっかっりめのイメージに感じられ、若干の異物感があることもありますが、通常日に日に自然な感じになって違和感はなくなってゆきます。
by Dr-komune | 2010-03-30 13:42 | 治療について
日本美容外科学会 JSAPS
2名の美容外科学会の大御所ドクターから推薦して頂き、
今年から美容外科学会の正会員になりました。
安全な美容外科の日帰り手術に力を入れていきます。
ほとんど腫れない手術をめざして、日々工夫と努力!
by Dr-komune | 2010-03-09 18:30 | 経歴・職歴
ケガや手術_見た目のきず(キズ跡を治す)
キズ跡(傷跡・傷痕・きずあと)は、「瘢痕」といいます。
形成外科では、(切り取り治療だけでなく)キズ跡の修復まで含めて担当します。
修復とは、消し去ると言うより、緩和という表現がしっくりとします。つまり、形成外科医は、キズ跡を目立ちにくく(修復・緩和・修正)することに出来る限りの努力をします。
キズが深いと皮膚の構造が、皮一枚分ダメージを受けますから、目立つキズ跡になる傾向があります。
目立つキズ跡には、手術で「瘢痕拘縮形成術」を代表とするテクニックがあります。
瘢痕=キズ跡、拘縮=引連れ・つっぱり感、形成=修正というような意味合いです。
手術まで適応しない場合でも、レーザー治療・内服薬・塗り薬・テープ・注射・スポンジ圧迫・固定、、、なども出来るようになってきました。近年の特殊治療では培養細胞(細胞工学)の技術もあります。

キズ跡が完成して固まってしまうまでの初期治療は、非常に重要です。
形成外科に診てもらった方が安心ですが、いつもそうはいきませんから、たいていの方は治ってキズ跡になってから、いらっしゃいます。
デコボコ感のある表面的なキズ跡や、派手なキズ跡の赤茶系の色も、時間はかかりますが、かなり良くなります。諦めないで、一緒に相談しながら、根気よく治療に取り組んでゆくことが大事です。
by Dr-komune | 2010-03-05 17:28 | 治療について
保険適用_わきが治療 手術後・1年の状態 傷跡
わきが手術後のキズ跡

わきが手術後(片方)の方が1年以上経過した方が、何人か受診されました。
汗(多汗症)と臭い(腋臭症:わきが)が共に改善したと喜んでいました。
手術のキズも落ち着き、表情も明るく、「お陰様でスッキリしました」とのことでした。
わきが手術は片方ずつ勧めていますので、反対側の手術のため、手術日を相談しました。術後安静が必要ですので、仕事が忙しく、時間がなかったようです。
気になるキズ跡は個人差がありますが、通常は綺麗に治ります。
わきがの術後1年経過した方は、「意外と目立ちにくくなって助かりました」と感想を言って下さいました。
実際わきが手術後がすごく綺麗に治っていて、素人目にはわからないくらいでした。「キズ跡がわかないくらいにすっかり治ってよかったですねぇ」と声かけして一緒に喜びました。
キズを綺麗に仕上げる導き方のコツとして、術後キズが治った後も、月に1度の通院と外用剤のアドバイスを行ったり、その人適した工夫を指導したりします。
そのうち乃ある方からは、術後の所見として、これから手術を受けるひとのために役立ててくださいと、うれしいお言葉をもらいました。
ありがたいお言葉に感謝です。
by Dr-komune | 2010-03-01 18:42 | 治療について | Comments(0)