眼瞼下垂_小切開を適用できるとき
若い方で皮膚切除をせずに挙筋のみの操作で十分と考えるケースへの手術方法。
「切らない眼瞼下垂手術」で結果が良かった方の再発例に適用する。
糸で再度同手術を行ってもいいが、しっかりとまぶたを上げたい方では、切開して挙筋を止めた方がいいこともある。
小さい切開での方法では二重幅や二重デザインにはこだわらない。
全切開ではないので、挙筋のみ軽くまぶたに止めて固定する。
by Dr-komune | 2017-05-08 18:52 | 治療について
<< 腋臭症の術後_手術の効果が及ぶ... 手術後、帰宅してからの出血と対... >>